カテゴリ:未分類( 5 )

エスノキッチン=民族台所学はじめました

相変わらず右往左往しているけれど、道をすこしづつ作りはじめた。
健やかさを辿っていったら台所にいきついた。 風土、信仰、社会、経済、治療、美容、家族、コミュニティなど台所には、くらしが凝縮されている。インドを中心にあっちこち台所をのぞいて歩く。 エスノキッチン=民族台所学はじめました。
新しいblogはこちら。
http://ethno-kitchen.blogspot.jp
d0106737_12402369.jpg

[PR]
by sachighana | 2016-01-08 12:40

入院中!

d0106737_1534067.jpg
インド病院ランキング アーユルヴェーダの部1位らしい(プネのガンジーのアシュラムで会ったおじさんいわく)のKottakkal Arya Vaidya Sala のコーチン分院に入院中。
入院といっても、大きな病気があるわけではなく、どちらかというと免疫力が高く、体力もある私。
といっても、小さな不調はたくさんあります。誰にでもあるように。
その長年の積み重ねが病いなったりすると思うので。
それらを東洋の統合医療により整えること、なによりそういったことをまずは体感することとが大きな目的です。
基礎理論なんかは本や先生に聞いて、適当に学んでいます!

私の主訴
・梅雨の時期のむくみ。ストレスが重なるとトイレが近い。(腎臓が弱る!?)
・花粉症
・歯ぎしり(特にストレス時)
・なんでもひとり抱え込みすぎる
・自責感が強め
・ストレスで甘いものを食べてしまう
・ここ2,3年太ってそのままなので、体重はともかく体脂肪を減らしたい(これはドクターに却下された。インドの標準だとあと10キロ太っても大丈夫だと…。)

入院期間は21日間。
だいたいアーユルヴェーダの治療は1週間間隔で、最初の一週目にデトックス。治療の準備のためのトリートメントをします。
なので、最低14日は必要。
年に1度、体のメンテナンスできているという人が多い。
私は現在10日目。すでにまた来たいって思っています。

むくみがとれて、体がしまって、軽い感じ。
くすみがとれて、顔がワントーン白く透明感がでた。(気がするだけじゃないはず…)
フェイスマッサージは全くしていないのに不思議。からだのマッサージで顔色が変わるのね。

最初の一週目はみんなアビヤンガで、ピチジルというオイルマッサージをします。あたたかいオイルを布にひたして、オイルシップをしながらやるもの。軽く汗ばむ。
オイルの種類はドクターの診断によりみんな違って、なんと一回で2Lのオイルを使う!
私は、PINDA TAILAMっていうオイル。ベースはごま油でいろんな薬草エキスが煮込まれている。
調べたら、ピッタ体質向けのよう。思いっきりカパ体質だとおもったのだけど。先生に聞いてみよう。

ともかく、油漬けになる気分。
3人のセラピストが1時間みっちりやってくれます。
このオイルは3回使いまわす。もちろん自分が使ったオイルを。
このオイルが皮膚から浸透して、体内の老廃物がこのオイルに溶け込んで、排出されます。

このほかに、クシーラダーラ(Kshira Dhara)という仰向けで横になって額から、薬草ミルクを1時間かけ続けてもらうデトックスもやってもらっています。常温のミルクだけど、頭がひやっとする。
薬草は私はパンチャガンダ(Panchagandha)で、3Lのミルクと3Lの水に薬草をいれて、3Lになるまで煮込むのだそうです。これは3Lで1回使い切り。
シロダーラといって、日本ではオイルをかけるのが有名らしい。
ダーラはオイル、ミルクのほかにお湯などいろんなパターンがあって、これも体質・症状などによって違う。
ネットで調べたとこによると日本人はミルクの人が多いのかな。インド人はオイルの人が多い。

私は処方されていないけど、スチームバスに入る人もいるし、いろんなデトックス方法あって、組み合わせるみたい。

デトックスは精神的なものにももちろん効く。
私は、最初の2晩は悪夢をみました。
極限状態で自分が心にかかえているもの、大切だけど人につたえていないこと、心にひっかかっていることがみえてくるのね。

おとといくらいから微頭痛がしています。好転反応!?
このため、先生に寝る前に額に塗る軟膏と体をクールダウンさせる頭にたらすオイルが処方されました。
体が熱をこもっていて、熱い感じがします。
まだまだ、入院は続きます。
[PR]
by sachighana | 2012-09-03 16:10

送電線を国有化!!

まずは、テプコに独占されていた送電線を国有化して、自分で作ったエネルギーは自分で消費できるようにしよう。
電力会社を選べるようにしよう。
1000万人の署名受付中~。
https://business.form-mailer.jp/fms/fc4489996988

**********************************************************
日本の自然エネルギーの技術
日本の自然エネルギーの技術は世界トップレベル!
なのになぜ自然エネルギーの自給率が
低かったか知っていますか?
その原因の一つが電気を家庭に送る送電線を電力会社の一企業が独占していたからです。
一企業が独占していると送電線は自由に使えません。
道路を一企業が独占しているのと同じだからです。
本来送電線は公共物で、自由利用の原則に基づくものです。
ところが一企業が独占所有しているために、
企業や都道府県、市区町村などが大量の電気を作ったとしても、
公正な価格で販売することができず、その結果、

一方に電気があるのに社会全体では、
電気が足りないという現状が生まれてしまうのです。

『送電線が国有化されたならば、どうなるでしょう?』

送電線が自由利用の原則に基づいて接続自由になると、
企業や都道府県、市区町村は独自で電気を創りはじめます。
その多くは地域の特性に基づいた自然エネルギーとなるでしょう。

世界では一般的に認められている自然エネルギーに対する
固定買取制度により、それらの発電主体は豊かになります。

そして国有化された送電線を使い、地域で作った電気を地域の人が使えるようになるのです。

東京の電気をまかなうために、新潟や福島や青森で電気を作っています。
しかし、その電気は東京に届くまでの距離が遠いため、送電ロスが多くなるだけでなく、
費用も多額にかかるようになってしまいます。

スマートグリッド(※1)のように地域内での発電と配電が調整されれば、
このようなロスは避けられることになります。

もう多くの人が気付いているように、需要をコントロールすれば、
原発が全部止まったとしても電力は足ります。

デマンドサイド・マネジメント(※2)を実行すれば、
限りなく電源を開発する必要はなくなります。

しかも、その電源の多くがco2を排出する火力発電です。
しかし送電線が国有化されるとともに民主化されれば、
自然エネルギーから電気がどんどん販売できるようになり、
火力発電をフル回転させなくてもよくなっていきます。
送電線の国有化が実現すれば、割高な原発からの電気は抑制され、結果、電気代は安くなります。
それぞれの地域が独自でエネルギーを生めるように、送電線の国有化を望む署名を集めたいと思います。

*****
http://maketheheaven.com/japandream/
[PR]
by sachighana | 2011-06-07 13:39

懐かしい

d0106737_017286.jpg松本駅近くで。金魚だよー。
[PR]
by sachighana | 2009-07-11 00:16

私の色

長野に行ったときに、カラーアナリストの勉強をしたという方に私の生まれながらに持っている色というのを見てもらいました。
人は誰しも、自分を引き立てる色味というのがあって、それは生まれてから死ぬまで、ずっと変わらないそうです。
色味っていうのは、黄色、とか暖色系というのではなく、原色、パステル…といった区分けらしい。

この色味を四季にあてはめて、
スプリング(原色+うすい黄)、サマー(パステル)、オウタム(原色+濃い黄色)、ウインター(原色)
と呼んでいる。

これが面白かった~。
胸元にいろんな色の布をあてて、顔色とか、唇の色とか髪のつやが一番映える色をみていくんだけど、
驚くほど、布の色によって、自分の印象が変わる!!

こんなに服の色で自分の顔色が変わるとは。

私の色は、第一が「冬」。第二が「春」。
でした。

原色が似合うとは!?
「冬」色だと、髪につやが、唇に赤味がでた。顔がはっきりした。
「春」の時は、穏やかな感じに見えるようになった。

一番にあわなかったのが、パステルカラー。
もう、顔がボケボケになった。
パステル色のもの結構好きなのにな~。

これからの服選びの参考にさせてもらおう。

女性政治家とか芸能人は、みんな自分の色をしっていて、それで服選びをしているそうです。

ここのサイトでパーソナルカラーの自己分析もできるようです。

d0106737_2352377.jpg
[PR]
by sachighana | 2009-07-10 23:55


見たい、知りたい、やってみたい! 気づいたらアフリカに。2年の滞在後、葉山で2年。次の舞台は京都。「健康のありかた」について、自然とともにある人々の行動に着目して研究しています。


by sachighana

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

こよみ

カテゴリ

全体
ガーナ(日々)
ガーナ(食べてる物)
ガーナ(その他)
ガーナ(文化)
ガーナ(おみやげ)
世の中のこと
やっていること
ミャンマー
ヨルダン
ナミビア
マダガスカル
リベリア
日本
ドバイ
コスタリカ
トーゴ
モロッコ
お気に入り
想いごと
食と農と体
インドの医術
インド旅
読書
ケララの言葉(マラーヤラム)
葉山
インドネシア
スリランカ
京都
未分類

以前の記事

2016年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
more...

最新のトラックバック

wwoofって知ってます..
from あひる暮らし

お友達!

フォロー中のブログ

Everything i...
ハイチュウ Hai Trieu
あひる暮らし
おいしくなくちゃ旅じゃない!
My Instinct-...

検索

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

海外生活
健康・医療

画像一覧